Diskeeper のアップグレードインストール

「Diskeeper 15、16 アップグレード版」をインストールするには、既にインストールされているDiskeeperをアンインストール後に、インストールを実行してください。




「Diskeeper 12 アップグレード版」をインストールするには、アップグレード対象となる以前のバージョンの Diskeeper がインストールされアクティベートを完了している必要があります。

Diskeeper のアップグレードインストール

  1. アップグレード対象となる Diskeeper のインストールとアクティベーションの完了
  2. 手順 1. が完了している状態で、アップグレード版の Diskeeper をインストールとアクティベーション

最新ビルドのインストーラーの使用

インストールに際しては、アップデートのページから該当するバージョンの Diskeeper 最新ビルドのインストーラーをダウンロードの上ご使用ください。
サポートが既に終了しているバージョンの場合、インストーラーの提供が終了している場合がございます。あらかじめご了承ください。

アップグレードのアクティベーションについて

Diskeeper のアップグレードが上手くいかない場合

Diskeeper のアップグレードがうまくいかない場合、次の手順によるインストールを実施してください。
  1. Diskeeper がインストール済みの場合には Windows のコントロールパネルより Diskeeper をアンインストールします
  2. Diskeeper フォルダーが残っている場合削除します
    C ドライブにインストールした場合は C:\Program Files\Condusiv Technologies になります。
    (Diskeeper 2011 以前のバージョンでは C:\Program Files\Diskeeper Corporation になります)
  3. TEMP フォルダーを可能な限り空にします
    • 使用可能な場合には、ディスククリーンアップツールをご利用ください。(スタートメニューの中の[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[システムツール]に「ディスククリーンアップ」がございます)
    • ディスククリーンアップが使用できない場合は、システム環境変数 %TEMP% とユーザー環境変数 %TEMP% のフォルダーを参照してください
  4. Windows の「ファイルを指定して実行」より「msconfig」を起動します
  5. 「システム構成」が表示されたら、クリーンブートの設定をおこないます
    1. [全般]タブにて
      • 「スタートアップのオプションを選択」をチェック
      • 「システムサービスを読み込む」をチェック
      • 「スタートアップの項目を読み込む」のチェックを外す
    2. [サービス]タブにて
      • 「Microsoft のサービスをすべて隠す」をチェック
      • 「すべて無効」をクリック
    3. 「OK」ボタンをクリックします
  6. コンピューターを再起動します
  7. この後の Diskeeper のインストールのあいだ、アンチウィルスソフトウェアまたはパーソナルファイヤウォールなど設定を変更し、Diskeeper のアクティベーションの通信を阻害しないようにしてください。
  8. アップグレード対象となる以前のバージョンの Diskeeper のインストールプログラムを起動します
    1. インストール中、ライセンスキーを入力し、自動的にアクティベートするよう設定します
    2. インストール後、Diskeeper のアクティベートが完了していることを確認します
  9. アップグレードする Diskeeper のインストールプログラムを起動します
    1. インストール中、アップグレード版のライセンスキーを入力し、自動的にアクティベートするよう設定します
    2. インストール後、Diskeeper のアクティベートが完了していることを確認します
  10. 手順 4. ~ 6. と同様に「システム構成ユーティリティ」を表示し、「スタートアップ」のタブを選択、「すべて有効にする」のボタンをクリックし、パソコンを再起動します