特定のボリュームを Diskeeper で最適化しないように設定するには?

※この設定をおこなうと Diskeeper は動作しなくなります

ボリュームのプロパティで IntelliWrite と自動デフラグを無効にする

  1. Diskeeper ウィンドウから目的のボリュームのプロパティを表示します
  2. 「IntelliWrite」タブで「このボリュームの断片化を防止」のチェックを外します
    このボリュームの断片化を防止
  3. 「自動デフラグ」タブで「選択したボリュームで自動デフラグを有効にする」のチェックを外します
    選択したボリュームで自動デフラグを有効にする
  4. OK をクリックして設定を適用します

新しく接続したボリュームで Diskeeper が動作しないようにする

  1. Diskeeper のウィンドウからメニュー[操作]→[Diskeeper の設定]→[Diskeeper の設定のプロパティ]を開きます
  2. 「新しいボリュームの検出」タブで次の二つのチェックを外します
    Stop_Diskeeper_working3
    • すべてのボリュームで自動デフラグを自動的に有効にする
    • すべてのボリュームで IntelliWrite を自動的に有効にする
  3. OK をクリックして設定を適用します