Diskeeper コンソールとは?

Diskeeper コンソールとは、Diskeeper を起動したときに表示される Diskeeper の設定を変更したりレポートを参照することができるウィンドウのことです。

Diskeeper の最適化処理は Diskeeper サービスとしてバックグラウンドで動作しているあいだにおこなわれるため、Diskeeper コンソールを常時起動しておく必要はありません。

※ Diskeeper の開発元は、Diskeeper Corporation から Condusiv Technologies へ社名変更したため、Diskeeper 12 以降、メニューのグループ名が変更になっています。


Diskeeper コンソールを表示する手順は下記の通りです。

Diskeeper コンソール (Diskeeper 16)

Diskeeper コンソールを表示するには (Diskeeper 16)


Windows のスタートメニューまたはスタートスクリーンから
[Condusiv Technologies]→[Diskeeper 16]をクリックします。




















ユーザーアカウント制御による許可を求められたら、[はい]をクリックして許可します。