Photo ReColor で補正した写真を JPEG 形式で保存するには?

Photo ReColor で補正した写真を保存する際、「上書き保存」をおこなうと、通常は Photo ReColor の独自形式である FFF 形式のファイルで保存されます。入力した文字の編集など、引き続き再編集をおこなう場合には、FFF 形式で保存することをおすすめします。

PRC_JPEG_SAVE1

補正した写真をウェブにアップロードしたり、CD / DVD に保存したりメールで他の人へ送る場合には、Photo ReColor をインストールしていない PC でも写真を閲覧できるように、画像の一般的なファイル形式で保存することをおすすめします。たとえば JPEG (JPG) 形式であれば、ほとんどの PC や携帯電話・スマートフォンなどで閲覧が可能となります。

Photo ReColor で補正した写真を JPEG 形式で保存するには、以下の手順で保存します:

  1. Photo ReColor で写真を補正したら、メニュー[ファイル]→[JPEG 形式で保存]を選択します
  2. 「JPEG 形式で保存」ダイアログが表示されたら、保存オプションの設定や Exif 情報の編集が可能です
    PRC_JPEG_SAVE2
    設定が終わったら[OK]をクリックします
  3. より綺麗に写真を保存する場合には、「保存オプションの設定」の圧縮設定で「高画質」を選択します
    PRC_JPEG_SAVE3
    この設定は JPEG 形式で保存する最後の段階で変更が可能です。
  4. 「JPEG で保存」ダイアログが表示されたら、ファイル名をつけて[保存]をクリックします
    PRC_JPEG_SAVE4
  5. JPEG 形式の特性により、一部の情報が保存されないため、確認ダイアログが表示されますので、[OK]をクリックします
    PRC_JPEG_SAVE5
  6. これで写真が JPEG 形式で保存されました