Photo ReColor で写真の特定の色を他の色に変更するには?

特定の色相を変換」フィルターは選択範囲を設定しなくても使用できますが、選択範囲を設定することにより色相を変換する領域を選択範囲の中だけに限定することができます。これにより、色を変更したいと考えている領域の中だけで「特定の色相を変換」の「許容量」を設定できるようになるため、より正確に色相の変換を実行することが可能になります。

おおまかな手順は次のとおりです。

  1. 選択範囲の設定
    色を変更したい範囲に対し「選択範囲」を設定します。
  2. 特定の色相を変換
    特定の色相を変換」フィルターを使用して色を変更します。

注意:
本操作手順は一例です。写真の構図により選択範囲の設定や色の指定、効果の範囲が異なります。各写真について調整をおこなう必要があります。レイヤーを使用して効果を限定したり、アジャストメントレイヤーによるフィルターを使用するなどの方法もあります。

選択範囲の設定

Photo ReColor の[一覧]モードから写真を開き、色を変更する範囲を限定するために「選択範囲」を設定します。

PRC1

この例では、写真右側にある時計の文字盤の背景の色合いを変更します。

  1. [レタッチ]モードを選択し、選択ツールのリストから選択範囲を設定するためのツールを選択します
    PRC1-1
    写真の構図により選択ツールを使い分けてください。風景写真の場合には、「選択ツール:マジックワンド」や「選択ツール:なげ輪」を活用すると、複雑な形を比較的容易に選択範囲として設定することができます。
  2. 選択範囲の細かな調整をするには、「選択範囲の追加」と「選択範囲の削除」をおこないます
    PRC1-2

    いちど選択範囲を設定したあとに、現在の選択範囲に対して範囲を追加したり削除したりすることができます。

    追加:
    キーボードの Shift キーを押しながら、追加する選択範囲を設定します。現在の選択範囲に加え新たな選択範囲が設定されます。

    削除:
    キーボードの Ctrl キーを押しながら、削除する選択範囲を設定します。現在の選択範囲からその範囲を削除した部分が新たな選択範囲として設定されます。

    このような選択ツールに共通する操作については、ヘルプの[ユーザーズマニュアル]→[レタッチモードの操作]→[選択範囲の使い方]→[選択ツールの基本操作]を参照してください。
  3. 選択範囲境界の色の違いに対する許容量
    PRC1-3

    選択ツールの「許容量(階調)」を調整することで、色の移り変わり(グラデーション)に対する許容量を指定することができます。例えば「選択ツール:マジックワンド」を使用する場合、以下のような違いで選択範囲の設定を使い分けることができます。

    PRC3-2
    許容量が小さい場合、選択範囲境界の色がより近いものだけが選択されます。

    PRC3-3
    許容量を大きくした場合、同系の色が移り変わる範囲でより広い範囲が選択されます。
  4. 元に戻す」と「やり直し
    PRC4-1
    Photo ReColor では操作による効果を一度ごとに元に戻したり、戻した操作をやり直したりすることが可能です。メニュー[操作]→[元に戻る]/[やり直し]や「作業履歴」を活用して、思い通りの選択範囲を設定してください。

特定の色相を変換

  1. 「特定の色相を変換」フィルターを「詳細設定」で実行する
    filter1
    [補正]モードを選択し、「画質補正」グループのなかにある「特定の色素を変換」フィルターを選択します。青色の「詳細設定」ボタンをクリックします。
  2. 各設定をおこない、プレビューで確認をおこないながら変換します
    filter2

    色を選択するときには、スポイトボタン spuit をクリックしてマウスカーソルが変わった状態で写真上の色をクリックすることで、その色を選択できます。
    ▶▶▶スポイトの使い方

    一様ではない色の領域を変更するときには、許容量の値を大きくすることで調整します。
  3. 調整後、[OK]ボタンをクリックして完成です
    filter3

桜の花の例

  1. サンプル写真
    Sakura - original
  2. 選択範囲の設定
    select region

    「選択ツール:マジックワンド」を使用しました。この写真のように桜・枝・青空のコントラストがはっきりしている場合は、許容量を調整することにより選択範囲の設定が容易になります。

    ポイント
    許容量を 10 区切りで調整し、選択範囲を設定する際のクリックする点を、桜の花の「白く明るいところ」と「薄黒く暗いところ」のあいだで何度か設定して調整します。(選択範囲の解除はメニュー[選択範囲]→[選択範囲の解除])
    場合によっては一度に設定せずに、許容範囲を小さくして、選択範囲の「追加」を繰り返すことで、最終的な選択範囲を設定します。
  3. 特定の色相の変換
    hue trans

    ポイント:
    変換元の色」は、スポイトを使用して「桜の花びらの少し暗めの部分」から採取します。
    変換後の色」は、スポイトを使用して「花弁の中心の桃色に色づいている部分」から採取します。彩度と明度を調整して濃い桃色を作ります。
    この例の場合、「少し暗めの部分」と「濃い桃色」を対応づけて変換します。
    許容量を少しずつ上げていき、全体の色づきを調整します。
  4. 完成例
    画面右下の桜は選択範囲に含まれていないため元の色を残しています。

    薄めの例
    Sakura - light

    濃いめの例
    Sakura - deep

[スポイト]の使い方

「変換元の色」と「変換後の色」のアタリをつけるには、スポイトを使用します。

PRC 特定の色相を変換

  1. スポイト PRC スポイト をクリックします
  2. マウスカーソルがスポイト PRC スポイトカーソル に変化します
  3. 写真の色を採取したいポイントでクリックします

「変換元の色」は許容量を増減してどこまでを変換対象にするか調整します。

変換後の色は色相(いろあい・ヒュー)、彩度(鮮やかさ・サチュレーション)、明度(明るさ・ブライトネス)を調整します。